指輪世界の第二日記。基本的に全部ネタバレです。 題名一覧 最近のコメント プロフィール Twitter

ガンダムに随伴歩兵/オペレーショントロイ

 今冬発売のXBox360ガンダムゲーム、オペレーショントロイ。これ、歩兵が出てくる。むしろ自分が歩兵。

 http://www.xboxyde.com/stream_3337_en.html

 この00:41あたり。ジムの股間を見上げてアサルトライフルを撃つ歩兵。

 来たか、また、ガンダム世界における歩兵問題の問われる時が。



 ガンダム世界における歩兵問題の始まりは古く、さかのぼってすでに初代TV放映第14話「時間よ、とまれ」(あらすじ 台詞集)にある。この回では、歩兵が吸着爆弾を抱えて肉迫することで、ガンダムを撃破するすんでまでいっている。これはかなりやばい。

 次に挙げられるのは08小隊で、主人公が隠蔽塹壕からザクにロケットランチャーを当てて転倒させている。これも十分にやばい。

 そしてVガンダムでは、確信的にやばいロケットランチャー歩兵が登場させられており、こちらは主役機の追加武装を剥ぐ戦果を挙げている。



 現実世界の陸戦での戦車と歩兵とについていうと、森林や都市部などの地形で、歩兵が戦車に接近肉迫できる遮蔽があれば、そしてある程度の対戦車兵器があれば、「歩兵のほうが有利」である。これは歩兵一人の損失で戦車一両を撃破できるという意味ではなく、歩兵のたとえば一個分隊の損失で、戦車一両を撃破できる、という意味だ。一個分隊と一両とを交換したときには、供給・維持のコストからして、歩兵の側が勝った、ということになる。

 では戦車の側はどうするか、というと、そうした地形で運用する戦車には、随伴歩兵というものをつける。随伴歩兵はいわば戦車の目であり触手だ。随伴歩兵は戦車の進路と周囲を警戒して、敵歩兵の待ち伏せと、接近肉迫を防ぐ。戦車は随伴歩兵が指示した怪しい茂みやなんかを機銃掃射して、随伴歩兵を守る。そうやって進むことで、それぞれ単独の場合よりも強い戦闘単位となり、歩戦協同などという。



 さて、では、ガンダム世界の陸戦において、歩MS協同というものがあるだろうか?

 これは、ない、あるとまずい。

 MSの腰あたりに歩兵掃射用の12.7mm機銃x4門とか装備されていて、それが役立っている場面というのはまずい。見れたものではない。それで歩兵一個小隊とMS一機の交換なら歩兵側の勝ちだぜ! とかいった戦いを繰り広げられるのはしょっぱい。

 ガンダム世界には陸戦歩兵の描写がない。人間が戦艦へ肉迫する描写などはあるが、正規に編成された陸戦歩兵戦力は見当たらない。1920年代に空想された完全に機械化された軍隊みたいだ。正規の陸戦歩兵がいれば、戦場に出てくるはずだし、街にその復員兵や傷痍軍人がいるはずで、それらはない。

 それらの描写は、避けられているし、避けられている理由も、当然のことではある。MSが歩兵を掃討している描写は見たくないのだ。戦争映画でも、航空機から地上の歩兵を掃射するカメラワークはわずかだ。戦力差と個人の単位が近すぎて、絵面としてきつくなるからだ。陸戦歩兵はいない。ここはこの世界観のファンタジーなところであり、弱みだ。描写しないで、避けておくところだ。といって、すでに初代第14話、08小隊、Vガンダムが触れてしまってもいるのだが。



 そのむかし、サターン版ギレンの野望のオープニングムービーで、大平原を横列展開するジオン陸戦部隊があった。そこにはMSの足元をすすむ歩兵部隊がいた。われわれはそのセガの解釈に感動したものだ。


「歩兵だ、随伴歩兵がいるよ! 歩兵が戦車(マゼラアタック)に随伴してその足元を守り、戦車(マゼラアタック)MS(ドム)に随伴してその足元を守り、MS(ドム)地上母艦(ギャロップ)に随伴してその足元を守ってる。ハハハ」

「ハハハ。これまずいんじゃない?」

 実際には、それほどまずくはない。M.S.ERAでもみられたが、戦闘車輌に随伴している歩兵は一応セーフだ。戦闘車輌と歩兵の勝負はセーフであり、戦闘車輌とMSの勝負もセーフだからだ。初代第1話ですでに、ザクが有線ミサイル装備の戦闘車輌と勝負して、回避・撃破する描写があり、この筋は通っている。そしてギレンの野望本編には、歩兵ユニットは、登場しない。

 だが、いま、ふたたびその時が来た。ど真正面から。歩兵をMSと同じレイヤーに載せて、それぞれにひとりのプレイヤーを割り当てて。XBoxLiveで通信対戦で。大丈夫なのか? 上述した世界観の問題は、ゲームではプレイヤーが割り当てられることで、さらにはっきりと出そうに思える。 (A)MSに歩兵の攻撃が蚊ほども効かないなら、開始直後にMS乗り込み競争をして、乗れなかったプレイヤーはログアウトして別のゲームに入り、 (B)歩兵携行ロケットランチャーの数発でMSが撃破できるなら、「MSなんかほっとけ、このゲームは歩兵の勝負だ」「MSヨワス」になる。 このシナリオ(B)で、プレイヤーの技術とモラルを高く見積もれば、 (B')MSに乗ったひとりのプレイヤーと、その足元を守る一個分隊規模のプレイヤーたちとが、それぞれたがいの牙と目となって、チームワークで戦う という歩戦協同モデルにはなり、それはFPSのチーム戦闘で現に成立していることではある。が、いずれにしろ、歩兵がいていいのか? というガンダムの世界観との問題だ。

 この難問をどう料理してくるか。オペレーショントロイが出現させる戦場は、どんなものになるのか。お手並み拝見だ。

spcateg漫画/アニメ/映画[漫画/アニメ/映画]


    指輪世界の第二日記。 題名一覧 プロフィール