指輪世界の第二日記。基本的に全部ネタバレです。 題名一覧 最近のコメント プロフィール Twitter

ityou怒りの風邪のなおし方

ツイッタースカイプチャットなどで「風邪がなおんなくてさー」「風邪薬は飲んだんだけどー」的なことを言う知り合いに怒りのテンプレート説明をするのにも飽いたので怒りのまとめ


この記事は正確性をまったく保証されていません。ここでの記述は、真実である、正確である、最新である、という保証はありません。この記事は、専門家ではないアマチュアによって執筆されています。たとえある記述が正確であったとしても、それがあなたの症状に当てはまるとは限りません。

ここで提供される医療情報は、良くても一般的なものであり、医学の専門家(例えば医師、看護師、薬剤師など)による助言の代用にはなりません。筆者は医師ではありません。

筆者はこの記事によって提供する情報の使用や採用を試みた結果に対して責任を負うことはできません。

それからもし風邪→肺炎に変化すると死ねる病気なので長引いたら医者に見てもらってください。



風邪のなおし方



(1)風邪薬は使わない

風邪薬──いわゆる風邪薬、解熱鎮痛剤──は風邪を治すためのものではない。風邪薬は風邪を治すという観点からは、むしろ治るのを遅くする。風邪をひいた時に体温が上がるのは身体が免疫機能を活発にしてウィルスをより早く殺そうとしているのであり、そのあいだ生活能力と労働能力は失われる。それを体温を下げて労働能力を保ち、風邪のままで働きに行けるようにするのがいわゆる風邪薬である。風邪薬の半分が優しさでできているとすれば、そのもう半分は「休むな。働いて金を稼いでこい」という厳しさでできている。治すなら風邪薬は使わない。

なお漢方系の薬はこれにあてはまらない。



(2)汗を大量にかく

熱量のために穀類を食べて、煮えたった麦茶を大量に飲む。麦茶というのは大量に飲みやすいからで別に単にお湯でもよい。

布団とシーツを大量に重ねる。このとき、厚みはあまり関係なく、むしろ薄いほうがたくさん重ねられるのでより良い。枚数が重要。断熱は空気の層がおこなう。

首元にタオルを巻き、枕元についたてを立てて頭部〜胸への空気の流れを遮って止める。

サウナの中みたいにして汗を何リットルも何リットルもかく。かいた汗の量だけ治癒に近づいていくと考えてよい。

汗をかくたび、寝間着は着替えられるだけ着替えてよい。



(3)視覚情報を遮断する

テレビ、書籍などの視覚情報は切る。視覚処理はどうもけっこうエネルギーを使うようであり、また、首元に空気が入って肩〜胸の体温が冷めやすい。エネルギーは体温を上げて汗をかくために集中使用されなくてはならない。聴覚はそれほどでもないようであり身体を動かさないでいやすいので、ラジオや曲だけ聞くのはアリ。眠れるのがよりよいのは確かだが、眠れなくても目をつむって横になっているだけで十分効果がある。

以上だ。



さて、理解しただろうか。わかったか? 合点がいったか? 得心したか?

そう(3)だよ、(3)、視覚情報を遮断して横になれと言ってるんだよ

なんで君は「風邪がなおんなくてさー」というチャットをいましているんだね



回線を



切って



煮えたった茶を飲みまくって寝ろ!!!!!

spcateg未定[未定]


    指輪世界の第二日記。 題名一覧 プロフィール