指輪世界の第二日記。基本的に全部ネタバレです。 題名一覧 最近のコメント プロフィール Twitter

政権を取っていない党のすること/10、20、50議席

 あの政党は妥協して政権を取ろうとしないから駄目だ、という台詞もまま聞きます。が、そうでもないのです。

 政党は政権を取らなくても機能しています。

 具体的には10議席、20議席、50議席閾値があります。

 10議席で代表質問権、および党首討論参加権が取れます。突っ込みのきつい党がこれを持っていると、その応対を報道されるプレッシャーが生じ、うかつにへぼいことがしにくくなります。

 20議席で議案提出権が取れます。理想主義の党がこれを持っていると理想ばかり見た議案を提出するので、政権党はある程度それに対応した議案を作らなければならなくなります。これもプレッシャーといえますが、別の言い方でいうと、政権党を妥協させる効果があります。

 50議席で予算付議案提出権が取れます。野党がこれを持って、政権党の予算案に対案を提出すると、それらを基準として審議が戦われることになり、「対案がない、これしかない」という甘えや傲慢が減ります。

 政権を取っていない党もけっこう役に立ったり邪魔したりしているのです。





追記

 9議席の党の機能が足りないと思ったら、10議席にすればよろしい。どうもよくわからないのが、たとえばその10議席でいえば、現に10議席取れていない党に対して「役に立っていない。だから投票しない。」と言われることのあることだ。

 どうも人によっては、政党というのはどこかよそでがんばって議席をとってくるもので、それへ有権者がご褒美に票をあげてやるもののように思っているようだ。それで「どこそこは野党としての価値を失いつつある。だから頼むに値しない」みたいなことを言う。

 そうではない。

 政党の議席が、なんかどっかの黒緞帳の裏で、争って取り合いをしているもので、そこでその政党ががんばれば議席が増やせる、とか思っていてはいけない。議席有権者の投票で、眼前の表舞台で取るものだ。

 妥協しないから…などと気軽に言うが、どうも妥協を魔法の杖のように思っている気配がある。どれくらい妥協すれば政権が取れる見積りなのか? おそろしく甘く見積もっているように思う*2。少数党はそんな簡単に入閣できない。ちょっとそこの角まで行って妥協してくるわ、といったものではあるまい。なんでもかんでも叩き売りしなければなるまい。

 叩き売りよりも、質問と無予算議案とでプレッシャーをかけていたほうが有効だと思う。それよりもっと強くと思うなら50議席にして予算付議案提出権まで取らせればよろしい。それでは強すぎて危ういと思うなら30議席のあたりを目指せばいいと思う。



*2 どこまで妥協することになるかの見積り

 政権を取れるかどうかの瀬戸際となれば、第二党が少数党に譲歩をして、連立を組んでくれる、だから少数党もある程度の譲歩をすれば政権に加わることができる……ちょいとそれらしく聞こえます。しかしこれも、政党の目標が政権を取ることにある、政権を得たら勝ちだ、と考える誤謬の応用形です。第二党にとっても、譲歩して得た政権では、意味が無くなるのです。彼らにも掲げる政策があり、実現したいからこそ掲げている。政権が取れるんだからといったって、それらをじゃんじゃんばらばらと譲歩するわけにはいかない。そも、譲歩して政権をとるつもりなら、与党に譲歩するほうがはるかに近いのです。したがって第二党からの有意な譲歩はほとんど望めず、やるなら叩き売りになると見積もれるのです。





追記
 われわれの通常の社会生活では、才能あるリーダーや人数の多い集団を選ぶことは大事だ。そこに入ったことで面白いことができたりできなかったり、得したり損したりする。

 政党政治での選挙投票状況はそれと異なる特性を持っているので注意が必要だ。選挙には個人へのキックバックがない。現有議席や世論流行・派閥人脈などから政党の強弱を読み、ある政党が勝つことを予見してそこに投票しても、「あなたの予想通り勝ちました。卓見御見事。はいご褒美です」というものはない。「あなたは負け馬に投票しました。見る目がありませんでしたね、罰金徴収です」ということもない*1。勝ち馬を読めたって偉いということにはならない。どこに投票した人であれ、同じ日本国の政策の結果を、良いものも悪いものも被ることになる。これは普段はなかなかお目にかからない意思決定状況である(この段の理屈はid:ityou:20050816と同じ)。

 人間は人生の四六時中を集団の評価をしながら生きており、集団の勝敗率を判断基準に入れることが習い性になっている。要注意だ。



*1 個人へのキックバックはない

 ときとしてキックバックをしている候補者もいるが、そういうやりかたは国家意思をへぼませやすくお勧めできない。

spcateg政治[政治]


    指輪世界の第二日記。 題名一覧 プロフィール