指輪世界の第二日記。基本的に全部ネタバレです。 題名一覧 最近のコメント プロフィール Twitter

わかもののわずかな勝利

 ロボットアニメや、オブジェクト指向言語、その他についての話。

 年を経て知識をたくわえた年よりは、そのジャンルのものごとのパターンや仕組みがうすうす見えてくる。それで、新しいものごとといっても、うわっつらをなでてみて、残りの部分を推測できたりするようになってくる。

 いっぽう、わかものには、その分野の新作が、まるごと新しいもののように見える。

 年よりから見れば、そのものごとの本当に新しいところはわずかな一部分であって、残りの部分は、それまでの先行物、古いものの引用から成っているんだけどね。

 だから、年よりは、新しく出てきたものごとに心根をかけてつくすことができない。それは効率が悪いから。たしょう古かろうと、いちどひとつのものをきわめ、概要をつかんでいるのだから、新しいものにまたふかく打ち込んでも、学習効率は逓減する。

 わかものは、わずかに新しいものを、まったくの新規物であるかのように、あがめうやまい、時を捧げて学ぶことができる。じっさい、かれにとっては、それについて学ぶすべてのことが新たな知見であり、時をかける価値があるのだ。それだから、それについてかれは、年よりより詳しくなることができる。

 わかものは、その新作のひとわたりを身につける。そしてその少し新しい、わずかに進んだところのぶんだけ、年よりを上回る。

 こうして、全体としては、わずかに前進する。

spcateg一般[一般]


    指輪世界の第二日記。 題名一覧 プロフィール